カード会社のリボ払い解説

セゾン「リボ宣言」キャンペーンにデメリットはある?支払いコースは要注意

リボ宣言キャンペーン
セゾンカードではリボ宣言利用キャンペーンを行っている。キャッシュバックがあるのは魅力的だけど、デメリットはないのだろうか?

セゾンカードは2022年4月5日から2022年7月14日まで「リボ宣言」のキャンペーンを実施しています。特典は「もれなく3,000円キャッシュバック」です。ただし、リボ宣言は自動リボ払いになるので、キャンペーンを利用するときは注意する必要があります。

そこで、セゾンカードのリボ宣言キャンペーンを利用するときのデメリットをまとめました。キャンペーンに申し込みをする前に確認してみてください。

セゾンカードで実施中のリボ宣言キャンペーンとは?

リボ宣言キャンペーン3000円

画像引用:セゾンカード

最初にセゾンカードのリボ宣言キャンペーンの概要をチェックしましょう。

概要

特典もれなく3,000円キャッシュバック
条件
  1. 対象のカードを新規自動リボ(リボ宣言)に登録する
  2. 合計50,000円以上利用する
キャンペーン期間2022年4月5日から2022年7月14日

リボ宣言の登録のタイミングは

  • セゾンカードを新規申し込みするとき
  • カードを受け取った後にネットの会員サイトや電話

などで手続き可能です。

対象カードの一例

一般カード
  • PARCOカード
  • ラゾーナ川崎プラザカード(セゾン)
  • シネマイレージカードセゾン
  • Likeme by saiaon card
  • セゾンカードインターナショナル

など

ゴールドカード
  • セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
プラチナカード
  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード

など

ビジネスカードセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

など

セゾンカードは一般カードからビジネスカードまで多くの種類があります。お持ちのセゾンカードが対象になっているかは公式サイトでチェックしてみてください。

セゾンカードのリボ宣言キャンペーンにデメリットはあるの?

リボ宣言に登録しキャンペーン期間中に5万円以上のカード利用なので複雑な手続きはないため利用しやすいです。しかし、リボ宣言を利用すると手数料がかかるなどデメリットもあります。

リボ宣言を利用するには手数料がかかる

リボ宣言は自動的にリボ払いになる支払い方法です。セゾンカードを使って会計をするとき「1回払い」を指定しても、カード会社がリボ払いへ変更します。

リボ払いを利用するとカードの利用残高に対して、年率15%の手数料がかかります。

カードの利用の仕方次第では、特典の3,000円を上回ってしまうこともあるので注意が必要です。

キャンペーン条件の5万円を利用したときの手数料をシミュレーション

リボ宣言に登録するとき毎月の支払額(弁済金)を設定しなければなりません。毎月の支払額は長期コース・標準コースなどで違いがあります。ここでは標準コースで月々10,000円を例に手数料をシミュレーションします。

回数毎月の支払額
(弁済金)
元金部分手数料
※実質年率15%
残高
110,000円9,375円625円40,625円
210,000円9,493円507円31,132円
310,000円9,611円389円21,521円
410,000円9,731円269円11,790円
510,000円9,853円147円1,937円
61,961円1,937円24円

※カードの利用日や締め日、月の日数によって多少の違いはあります。参考値としてお考え下さい。

毎月の支払い額を1万円にすると手数料の合計は1,961円です。3,000円キャッシュバックがあっても、1,000円程度のプラスです。

セゾンカードが指定する日までリボ宣言を解除できない

3,000円キャッシュバック目的でリボ宣言に登録し、5万円の利用した後は、カードの利用は控える必要があるでしょう。なぜなら、条件を満たすためには、一定期間リボ宣言を続けなければならないからです。

2022年4月5日から2022年7月14日がキャンペーン期間の場合、2022年10月4日の引き落とし時以前にリボ宣言を解除してしまうと、キャンペーン対象外になります。

リボ宣言を解除しないまま、セゾンカードの利用をすれば自動的にリボ払いになります。もちろん、手数料が発生します。

手数料をできるだけ抑えて3,000円キャッシュバックを受けたいときは、気を付けましょう。

セゾンカードのリボ宣言キャンペーンを利用するときの注意点

リボ宣言の仕組みをよく知る

キャンペーンに申し込みをするときは「リボ宣言」の仕組みをよく知ってからにしましょう。セゾンカードのキャンペーンの案内だけでは不十分かなと思える部分があります。

例えば、「リボ払いにはリボ手数料がかかる」と明記されていますが、利率など具体的な説明はありません。5万円分を利用したら実際にいくら手数料を払うのかも分かりません。

3,000円キャッシュバックと言っても手数料を考慮すれば、まるまる3,000円をゲットできるわけではないです。リボ宣言の仕組みについてはこちらの記事で解説しています。

リボ宣言とは?
リボ宣言とは?「勝手に」「危険」と言われる理由をチェックリボ宣言はセゾンカード系のクレジットカードで採用されている「自動リボ払い」の呼び方。「勝手に」「危険」と言われる理由を解説しています。...

リボ宣言の支払いコースはできるだけ高くする

リボ宣言を利用するときは支払いコース(毎月の支払い額)はできるだけ高くしましょう。高くすれば手数料の負担が少なくなります。

ちなみに、リボ宣言で一番安い支払い額は長期コースの3,000円です。しかし、キャンペーン目的で3,000円にするとキャッシュバック以上に手数料の負担をしなければなりません。

キャンペーンで50,000円を利用したとき「長期コース:3,000円」と「標準コース:10,000円」をシュミレーションすると以下のような結果になります。

コース
(弁済金)
支払い期間手数料
※実質年率15%
返済総額
長期コース
(3,000円)
19ヶ月
(1年7ヶ月)
6,409円56,409円
標準コース
(10,000円)
6ヶ月1,961円51,961円
定額コース
(45,000円)
2ヶ月695円50,695円

※カードの利用日や締め日、月の日数によって多少の違いはあります。参考値としてお考え下さい。

毎月3,000円を支払うように設定すると合計で6,409円の手数料を支払うことになります。3,000円のキャッシュバックがあってもマイナスです。

手数料を最小限にして3,000円のキャッシュバックにするのであれば、定額コースにして月々支払い額を45,000円にすることです。そうすると表のように手数料は695円で済みます。

45,000円にしたのは定額コースで5万円以上にしてしまうとキャンペーン対象外になるからです。

リボ宣言の解除忘れをしない

キャンペーンでリボ宣言を登録し、目的を達成したらリボ宣言を解除するようにしましょう。必要ないのにリボ宣言を続けてしまうと余計な手数料を支払うことになります。

解除できるようになるまで数カ月あるため、解除を忘れないように気を付けてください。

まとめ

リボ宣言のキャンペーンはお得なように思えても、月々支払額の設定の仕方によっては損をしてしまう恐れもあります。実際に支払う手数料とキャッシュバックを考えてキャンペーンを利用するようにしましょう。

リボ払いの手数料カットで返済を楽にできた方法とは?
リボ払い救済制度の体験談

リボ払いの手数料が高くて残高が減らない!

今後返済を続けていける自信がない!

もし返済できなかったらどうなるのか心配!

リボ払いの返済が困難な理由の一つは、手数料(利息)が高いことです。しかし、高い手数料をゼロにしてしまえば、返済を楽にすることができます。

そんな方法があることを知っていますか?

↓体験談あり↓
リボ払いの返済額を法律の救済制度で減額した方法

ご注意

当記事では細心の注意を払って情報を提供しておりますが、一部誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当方ではそうした誤りなどについて一切責任を負いかねますので、十分ご理解ご承諾の上、ご自身の判断と責任でご利用下さい。