カード会社のリボ払い解説

リボ宣言とは?「勝手に」「危険」と言われる理由をチェック

リボ宣言とは?
セゾンカードの申し込みをしようとしたら「リボ宣言」という項目があった。「お支払いコース」を選んだりしなきゃいけないけど、リボ宣言っていったいどんなサービスなの?

セゾンカードでは申し込み手続きのときに、リボ宣言の確認があります。リボ宣言に「申し込む」の欄にはキャッシュバックの案内があるのも気になるところです。

申し込むをした方が良いのかなと思ってしまいますが、サービス内容をよく分かっていないときは不安になりますね。

そこで、この記事ではセゾンカードの「リボ宣言」について仕組みや注意点などを調べてまとめました。サービス内容をしっかりと知って利用するようにしてください。

リボ宣言とは?

リボ宣言はセゾンカード系のクレジットカードで採用されている「自動リボ払い」の呼び方です。

リボ宣言の仕組み

リボ宣言に申し込みをすると、ショッピングで「1回払い」と言ってカード決済しても、あとからリボ払いに変更されます。

リボ宣言を利用すると、基本的に1ヶ月間にいくら利用しても(限度額内で)も、翌月の支払いは自分で設定した金額になります。

例えば、リボ宣言では月々の支払い額を3,000円~で設定可能です。ある月に5万円分の買いもをしても、翌月の支払いは3,000円~で済むのです。

カードを使い過ぎても翌月以降一定の額で返済できるメリットあります。そのため、リボ宣言はリボ払いの仕組みを理解し、計画的に利用できる方にとっては便利なサービスです。

リボ宣言の手数料

リボ宣言を利用すると、リボ残高(クレジットカードを利用した額)に応じて、基本的に実質年率15%の手数料がかかります。カードの種類によっては15%よりも低い場合があります。

リボ宣言を利用したとき毎月支払う金額は?

毎月支払う金額(弁済金)は3つのコースによって決まります。

  1. 長期コース:月々3,000円~
  2. 標準コース:月々10,000円~
  3. 定額コース:月々5,000円~

長期コースと標準コースはリボ残高に応じて、月々の返済額が変わって来ます。

残高が増えるほど、月々の返済額が増えるので、リボ残高を把握して支払いがいくらになるかを知る必要があります。

例えば、長期コースを選択している場合。リボ残高が60,000円以内のときは、3,000円ですみます。しかし、60,000円を超えると4,000円になります。

定額コースは5,000円から5,000円単位で、月々の支払い額を決められます。10,000円、15,000円、20,000円などの金額をご自身で設定できます。

どれを選ぶのが良い?

月の支払いはできるだけ少ないほうが良いと思う人が多いです。だから、長期コースで3,000円からを選びたい気持ちがあるかもしれません。

しかし、月々の支払いを楽にしてしまうと残高がゼロになるまで時間がかかります。そのため、手数料も多く支払わなければなりません。

一例として、リボ残高が50,000円のとき「長期コース」と「標準コース」をシュミレーションすると以下の表のようになります。

コース
(弁済金)
支払い期間手数料※返済総額
長期コース
(3,000円)
19ヶ月
(1年7ヶ月)
6,409円56,409円
標準コース
(10,000円)
6ヶ月1,961円51,961円

※手数料:年率15%で計算

長期コースと標準コースでは残高をゼロにするまでの期間が1年以上違います。また、長期コースでは5,000円ほど余計に手数料を支払わなければなりません。

リボ宣言で毎月払う金額(弁済金)の内訳

セゾンカードのリボ払いをしたときの毎月支払う金額(弁済金)の内訳は、元金(リボ残高)+手数料です。

セゾンカードのリボ払いでは「元利定額」という方法を採用しています。元利定額はリボ残高が多いときは手数料に占める割合が多く、残高が減り難い傾向があります。

このようなイメージです。そのため、残高が多いのに毎月の支払額が少ないときは気を付ける必要があります。毎月支払いをしているのにリボ残高があまり減っていないと感じることが多いです。

≫【一覧】カード会社の独自のリボ払いの呼び方や別名|隠れリボかも?

リボ宣言は勝手になるの?

SNSをチェックすると勝手にリボ宣言になっていたという声もありました。勝手にリボ宣言が設定されることはあるのでしょうか?

勝手に?SNSの声をチェック

このように勝手にリボ払いになっていると思えるような声がありました。

セゾンカードの利用規約をチェックしてみると

支払方法の自動変更サービス-当社の定める方法でお申出があり、当社が認めた場合には、以後、すべての商品購入代金の支払方法をリボルビング払いへ変更できます。

出典:セゾンカード利用規約 第7条(弁済金等の支払方法等)(2)⑧

規約を読んでみると、カードの利用者が自動リボ払い(リボ宣言)に申し込みをしない限り、勝手にリボ払いになることはないと思われます。

ただし、意識をしていなくてもリボ宣言を利用しそうになることは多いです。申し込み時・電話による勧誘などで、上手に案内をしています。だから、申し込みをした覚えがないのに「勝手にリボ払いに設定」されたという感覚になるのかもしれません。

リボ宣言が危険と言われる理由と対策

カードの申し込み時にリボ宣言を使うように促してくる

セゾンカードではカードを申し込みするときにリボ払いを勧めてきます。

セゾンカードを申し込むするときは、リボ払いを利用する意思が無くても「ショッピングリボお支払いコース」を選ぶ必須項目があります。

その次に「リボ宣言を申し込むか、申し込まないか」を選択する項目があります。「申し込む」という選択肢の側には「キャッシュバックキャンペーン」の文字で利用を促しているのです。

対策としてはリボ払いの仕組みを理解して、本当に必要かを検討することです。

リボ払いを利用する意思が無くても、リボ払いを検討するよう促されるので注意しましょう。

キャッシュバックは魅力的ですが、リボ宣言の使い方次第では、手数料の方が高くなってしまう可能性もあります。
リボ宣言キャンペーン
セゾン「リボ宣言」キャンペーンにデメリットはある?支払いコースは要注意 セゾンカードは2022年4月5日から2022年7月14日まで「リボ宣言」のキャンペーンを実施しています。特典は「もれなく3,00...

設定金額以下の利用でも手数料がかかる

リボ宣言では設定金額以下の利用であっても翌月の支払いは手数料が発生します。

例えば、10,000円で設定し、1ヶ月のカード利用が8,000円での場合。翌月の支払いは8,000円で済むまず、「8,000円+手数料」が請求されてしまいます。

カードの利用金額が少ない、必ず1回で支払える方は、リボ宣言を解除することをおすすめします。

1回払いをすれば手数料が発生しないので、一番の対策となります。

設定金額以下の利用であれば、実質的に1回払いですが手数料が発生するので気を付けましょう。

支払い期間長い傾向の「長期コース」をおすすめしている

セゾンカードではリボ払いの長期コースの説明で「多くの方に選ばれています!」と記載があります。みんな選んでいるのであれば、「長期コースにしよう」と安易に選んでしまうのは危険です。

「毎月の支払金額」の項目で一例を示したように、長期コースにしてしまうと標準コースに比べて返済期間は3倍以上になります。

対策として、最低の支払い額のままにしないことです。無理がない範囲で毎月の支払金額を高く設定する。まとまった収入があれば繰り上げ返済をする。

このようなことを心がけてください。

カード会社にとって返済が長ければ長いほど手数料を多く得ることができます。そのため、少しでも長い支払いになるように勧めているとも推測できますね。

まとめ

リボ宣言は勝手に設定されることはないと考えらますが、リボ宣言を検討する機会はカード会社によって作られています。カードの申し込み時、キャンペーンなどです。また、ことあるごとに「リボ払いの案内」があります。

予定外にカードを使ってしまって支払いが厳しいときは別ですが、日常的にリボ払いを利用してしまうのあまりよくありません。リボ払いで何でも買えてしまう感覚なることもあるからです。

リボ宣言の利用は計画的にしましょう。

≫【一覧】カード会社の独自のリボ払いの呼び方や別名|隠れリボかも?

リボ払いの手数料カットで返済を楽にできた方法とは?
リボ払い救済制度の体験談

リボ払いの手数料が高くて残高が減らない!

今後返済を続けていける自信がない!

もし返済できなかったらどうなるのか心配!

リボ払いの返済が困難な理由の一つは、手数料(利息)が高いことです。しかし、高い手数料をゼロにしてしまえば、返済を楽にすることができます。

そんな方法があることを知っていますか?

↓体験談あり↓
リボ払いの返済額を法律の救済制度で減額した方法

【ご注意】 当記事では細心の注意を払って情報を提供しておりますが、一部誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当方ではそうした誤りなどについて一切責任を負いかねますので、十分ご理解ご承諾の上、ご自身の判断と責任でご利用下さい。