カード会社のリボ払い解説

楽天カードは勝手にリボ払いになるの?原因と対策を解説

楽天カードリボ勝手に
楽天カードは、年会費無料でポイントも貯まりやすくメリットが多く便利なクレジットカード。でも「勝手にリボ払いになる」と言う噂を聞いたことがある。この噂は本当なんだろうか?

一回払いで利用していたつもりがリボ払いになっていたら怖いですよね?リボ払いにした覚えがなければ「勝手にリボ払い」になったという感覚になってもおかしくはありません。

楽天カードはリボ払い専用のクレジットカードではないから勝手にリボ払いになる可能性はないでしょう。僕は3年以上楽天カードを利用していますが、「リボ払い」になったことは一度もないし、すべて一括払いで支払いができています。

そこで、この記事では楽天カードが勝手にリボ払いになると思われる原因を解説します。合わせて、リボ払いにならないないようにする対策もお伝えします。

楽天カードは勝手にリボ払いになる?

楽天カードが勝手にリボ払いになると思われる要因の一つに「自動リボ払い」があります。自動リボ設定を選択すると、ショッピングで楽天カードを利用する場面で、「一括払いで」と言っても、支払いはリボ払いに変わります。

勝手に自動リボ払いに設定されるのは怖いですが、本当にそのようなことがあるのでしょうか?まず、「自動リボ払いはどのような過程を経て設定されるのか」を楽天カードの規約でチェックしてみました。

楽天のカードの規約はこうなっている

規約なんて細かく読まないという方がほとんどだと思いますが、「勝手にリボ払いにしませんよ」という根拠は、第31条(カードショッピングの支払方法)の5に記載があります。

本会員は、当社所定の方法により自動リボサービス(国内外の加盟店で1回払として利用されたご利用情報を当社に到着した時点でリボルビング払に変更して本会員に請求するサービス)に申し込むことができるものとし、当社が適当と認めた場合には、自動リボサービスを利用できるものとします。

これを読む限りでは、

  • あなたが自動リボサービスを申し込む
  • 楽天カードが自動リボサービスを認める
  • 支払い方法が自動リボサービスに変更される

という流れになるようになっていますね。なので、あなたがどこかで「自動リボサービス」を申し込まない限り、支払いがリボ払いになることはないと言うことです。

自動リボサービスは楽天カードの申し込み画面にある

自動リボサービスの選択は、楽天カードの申し込み画面に出てきます。

申し込みのとき、自動リボサービスを「申し込む」にチェックを入れなければ、リボ払いになることはありません。つまり、「自動リボサービス」にするか、しないかはあなたの選択次第です。

とは言っても、リボ払いにしてもらおうとしている仕掛けはあります。楽天カードは、申し込み時や加入後でも、利用者をリボ払いにしてもらいおうと、ポイントアップキャンペーンなどの勧誘が多いです。

そのため、楽天カードを申し込んだ方の中にはリボ払いのことをよく知らずに申し込んでしまった方もいるかもしれません。あとからリボ払いのデメリットを知って後悔することも少なくないでしょう。

リボ払いにしていまいそうになる原因と対策

勝手にリボ払いにならない」とは言え、楽天カード側は利用者になんとかリボ払いに変更してもらうように、キャンペーンなどで誘ってきます。魅力的な特典なので、リボ払いにしないと損をしてしまうように感じてしまいます。

楽天カードの自動リボ払いキャンペーン

楽天カードでは自動リボ払い登録&利用で最大で5,000ptプレゼントの特典を付けたキャンペーンを実施しています(2022年5月20日現在。終了日未定)。

  • 特典1:申し込み時に自動リボ払いに登録⇒最大2,000pt
  • 特典2:カード申し込み月の翌月までに30,000円以上利用⇒もれなく3,000pt

特典2はお支払いコース1万円以下に設定する必要があります。また、特典2の説明に「翌月1回払いを」と書いてあるため「中にはリボ払いでは1回払いでいいの?」と思われる人もいるのはないでしょうか?

自動リボ払いに登録しているため、1回払いにしていてもリボ払いに変更になるので注意が必要です。

リボ払いってよく分からないけど、そんなに得することがあるんだったら申し込んでしまおう」という気持ちになる場合もあるのではないでしょう?

対策としては自動リボの仕組みを知ることです。

キャンペーンの特典に惹かれて登録してしまう前に本当に必要なサービスかを検討しましょう。

楽天カードリボ払いキャンペーン
楽天カード自動でリボ払いキャンペーンのリスクは?注意点と対策を解説楽天カードの自動でリボ払いキャンペーンは特典が魅力的ですが、計画的に利用しないとリスクが伴います。具体的なリスクと注意点を確認してください。...

メールなどでリボ払いへの変更を促される

楽天カードは「お支払いの調整が何日までできます」とメールでリボ払いを勧めてきます。「調整」と聞くと特別な方法のように思ってしまいますが、リボ払いへの変更です。

また、通常よりも利用額が増えたときにはさらにリボ払いの案内がメールで行われます。

リボ払いの仕組みを良く知らない人でもリボ払いへの案内を受け取ってしまいます。リボ払いを検討させられる機会は多いので、知らぬ間にリボ払いを利用していたという恐れもありそうです。

1回で支払いができるのであれば「メールの案内は今は関係ない」と思うのが一番の対策です。

ちょっとくらい支払金額を安くしてみようかなと思うのは危険です。ちょっとの利用がクセになってしまうかもしれません。

関連記事楽天カードの自動リボ払いって何が怖いの?

楽天カードのリボ払いの手数料はいくら?

リボ払いは毎月の支払額を一定にでき、家計の計画を立てやすいというメリットもありますが、手数料が高いのがデメリットです。

楽天カードの手数料は年率15%です。年率15%はクレジットカードのリボ払い中では普通です。

ちなみに、ヤフーカードのように年率18%の手数料もあります。

参考記事ヤフーカードのリボ払いの年率手数料は高い?シュミレーションでは気づかない危険性も解説!

手数料と元金を合わせた一回分の支払い金額は、次のように計算されます。

月々の支払い金額(元金)+残高×手数料(年率15%)÷12ヶ月

例えば、リボ払いの利用金額を50,000円、月々の支払い金額を5,000円とすると、

  1. 回目の支払い 5,000円+50,000×15%÷12=5,625円
  2. 回目の支払い 5,000円+45,000×15%÷12=5,562円

3回目、4回目と残高がゼロになるまで、計算を繰り返すと、10ヶ月で支払いが終わり、手数料の合計は3,435円になることが分かります。

先ほどのポイント4倍アップキャンペーンで、手数料を以上にポイントがもらえるかも、このように計算すると比較することができます。

また、ここで注意が必要なのは、この手数料は、リボ払いにした金額が5万円だけだったらという場合です。毎月楽天カードを利用して、自動リボにしていたら、利用金額(元本)が増えていって、5万円だけでは済みません。

そして、利用金額が増えれば、増えるほど手数料として支払う金額が高くなってしまいます。残高が多額になっても、まとめて返せるときに返せば、大丈夫だろうと安易に考えていると痛い目に合います。

僕は、リボ払いをしていましたが、本当に返済に困ってどうしようもなくなるという自体になるまで、残高が増えても見て見ぬふりをしていました。

参考記事リボ払い残高が100万円になったときの利息がやばい!あなたは返済できますか?

自動リボになっていないか確認&解除する方法

楽天カードに申し込みをした後で、自動リボになっていないか確認するのは簡単です。カードが届いたら、すぐに「楽天e-NAVI」にログインしましょう。トップ画面に「お支払い関連サービス」があります。

自動でリボ払い」をクリックすると、次の画面が現れます。

ここに、「現在自動リボサービスにご登録いただいておりません。」と表示されていることを確認できれば、大丈夫です。もし、登録されていたらそのまま解除してください。

しかし、ここにも「自動リボサービス」を勧める案内があります。さらに案内を読み進めると、「自動リボサービスに申し込む」と言うボタンがあるので、注意しましょう。

関連記事⇒楽天カードの自動リボ払いって何が怖いの?

【まとめ】楽天カードは勝手にリボ払いにはならないが、自動リボへ払いの変更を促してくる

楽天カードの支払い方法がリボ払いになっているのは、気づかぬうちに自動リボ払いにした可能性が高いです。もし、自動リボ払いになってるのであれば、すぐに自動リボ払いを解除しましょう。

リボ払いになっていることを知らなかったと言っても、聞き入れてくれることおそらくないでしょう。支払ってしまった手数料は勉強代と思ってあきらめるしかないです。

カード会社は支払いをリボ払いにしてもらおうとあなたを勧誘してきます。気をつけてくださいね。

リボ払いを内緒で減らせるかも
↓↓

1分で分かる
≫【無料】減額診断をやってみる
専門家への無料相談付き

減額診断を法律の専門家に相談するきっかけとして利用するのもありです。今の悩みをスッキリさせたいときはぜひ。

弁護士事務所が自ら提供している減額診断サービス だからあなたの秘密は守られますよ。

手順や中身を先に知ってから試したいときは、【借金減額診断】の流れや相談内容とは?リボ残が100万円になった僕の事例を参考に。3分ほどで読めます。

◎この記事が役立ったと思ったら、一緒に読んで欲しい記事3選

リボ払いの手数料カットで返済を楽にできた方法とは?
リボ払い救済制度の体験談

リボ払いの手数料が高くて残高が減らない!

今後返済を続けていける自信がない!

もし返済できなかったらどうなるのか心配!

リボ払いの返済が困難な理由の一つは、手数料(利息)が高いことです。しかし、高い手数料をゼロにしてしまえば、返済を楽にすることができます。

そんな方法があることを知っていますか?

↓体験談あり↓
リボ払いの返済額を法律の救済制度で減額した方法

【ご注意】 当記事では細心の注意を払って情報を提供しておりますが、一部誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当方ではそうした誤りなどについて一切責任を負いかねますので、十分ご理解ご承諾の上、ご自身の判断と責任でご利用下さい。