カード会社のリボ払い解説

まるごとフラットリボキャンペーンの仕組みやデメリットを解説!

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)の「5,000円相当のPayPayボーナスプレゼント」キャンペーンが気になるんだよね。

でも、「まるごとフラットリボ」って何だろう?デメリットはないのだろうか?

このような疑問にお答えします。

まるごとフラットリボキャンペーンの仕組みは?

このキャンペーンの仕組みを簡単に説明すると、まるごとフラットリボに新規登録で5,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされます。

ただし、付与されるための条件があります。

  1. キャンペーンにエントリーする
  2. まるごとフラットリボに新規登録する
  3. 登録後翌月末までにヤフーカードを3回以上利用する

簡単に特典を得られそうな仕組みですよね?しかし、デメリットと思われる部分があるから注意してください。

まるごとフラットリボキャンペーンのデメリットとは?

デメリットととして気を付けて欲しいことは次の3点です。

  1. 支払い方法がすべてリボ払いになってしまう
  2. リボ払いには手数料がかかる
  3. 特典付与までまるごとフラットを解除できない

それぞれを深堀していきます。

①支払い方法がすべてリボ払いになってしまう

まるごとフラットリボは、「一括払い」と言って買い物で利用しても自動的にリボ払いになる仕組みになっています。

いわゆる「自動リボ」というものです。自動リボは多くのカード会社が取り入れているため、珍しくはありません。

自動リボで気を付けたいのは、「カードを使い過ぎたな」と思った月でも、翌月の支払いが毎月変わらないことです。

一見便利なようですが、見えないところでリボ残高が増えていきます。気付いたときには何十万という額になっている場合もあります。

だから、自動リボ払いの仕組みをよく理解して、「まるごとフラットリボ」に登録する必要があります。

自動リボ払いの詳しい仕組みについてはこちらの記事を読んでください。他社のカードですが基本的な仕組みは同じなので参考になるでしょう。

≫楽天カードの自動リボ払いって何が怖いの?

②リボ払いには手数料がかかる

一括払いであれば手数料はかかりません。しかし、リボ払いにすると利用額に対して手数料が発生してしまいます。

ヤフーカードではリボ払いの手数料は年率で18%かかります。だから、カードを使い過ぎてしまうと多くの手数料を払わなければなりません。

例えば、2021年7月に洋服やご飯代など合わせて15,000円カードで支払いをしたと想定します。

リボ払いで毎月5,000円の支払い設定しているとき、3回で支払いが終わりますが、手数料は合計で450円かかります。

450円くらいだったら大したことないと思いがちですが、カードの利用頻度次第では大きな額になるためあまく考えない方が良いです。

ヤフーカードの手数料についてはこちらの記事で解説しています。なぜあまくないのか?」がわかりますよ。

≫ヤフーカードのリボ払いの年率手数料は高い?シュミレーションでは気づかない危険性も解説!

③特典付与までまるごとフラットリボを解除できない

条件を満たしてもPayPayボーナス5,000円分がもらえるまでに時間がかかります。

特典が付与される時期は、まるごとフラットリボに登録してから3か月後の末ごろです。

例えば、2021年7月に登録をしたら、10月末が5,000円相当のPayPayボーナスをもらえるタイミングです。

最大で4ヶ月間は自動リボ払いを続けなければなりません。解除してしまえば特典を受け取る権利を失ってしまいます。

キャンペーンの特典を得る目的のためにまるごとフラットリボに登録したとしても、解除を忘れてしまうこともあります。

怖いのはまるごとフラットリボに登録したことしたことさえ忘れてしまって、長期間自動リボ払い設定になっていることです。

知らないまま勝手にリボ払いになっていた」というカードの口コミがあります。実はキャンペーンに登録するときに設定した可能性が高いです。

【攻略法】デメリット以上の効果を上げるには?

まず、「まるごとフラットリボは『自動動リボ払い』であること」と「自動リボ払いの仕組み」を理解してください。

その上で、キャンペーンにエントリーします。

まるごとフラットリボの利用金額に「○○円以上が対象」といった基準はないようです。特典詳細を確認しても「3回以上の利用」としか案内がありません。

だから、安い商品を買って3回に分けてカードで会計すれば利用条件は達成できます。

もちろん、リボ手数料は多少かかるのは特典をもらうためだから仕方ありません。

あとは、PayPayボーナスをもらうまでヤフーカードを使わないことです。使ってしまったらリボ手数料が発生するからです。

そして、PayPayボーナスをもらったらすぐにまるごとフラットリボを解除しましょう。

解除するタイミングは忘れないようにカレンダーやスケジュール帳にチェックを入れておくことをおすすめします。

これでリボ手数料を最小にして特典を得ることができます。

まとめ

キャンペーンの中身やまるごとフラットリボの仕組みを知っていれば、大きなメリットを得ることができます。

しかし、キャンペーンを利用したことを忘れてしまったり、リボ手数料がかかることを知らずに利用したり危ないこともあります。

よくわからないときはいくら魅力があっても、手を出さない方がよいでしょう。

リボ払い手数料15%をゼロにする方法を知ってる?利息カットで返済を楽に!

リボ払いの手数料が高くて残高が減らない!

今後返済を続けていける自信がない!

もし返済できなかったらどうなるのか心配!

リボ払いの返済が困難な理由の一つは、手数料(利息)が高いことです。

しかし、高い手数料をゼロにしてしまえば、返済を楽にすることができます。

そんな方法があることを知っていますか?

リボ手数料をゼロに
リボ払いの返済額を法律の救済制度で減額する方法!