カード会社のリボ払い解説

まるごとフラットリボ仕組みは?デメリットやキャンペーンの注意点も分かる

まるごとフラットリボデメリット
PayPayカード「まるごとフラットリボ」って何だろう?仕組みやデメリットが気になるんだよね。

以前は「5,000円相当のPayPayボーナスプレゼント」新規登録キャンペーンをやっていたし、PayPayカードってまるごとフラットリボの登録に積極的な印象があるんだけど。

まるごとフラットリボの新規登録キャンペーンは2022年8月末に終了しましたが、PayPayカードでは便利なサービスとしてまるごとフラットリボをおすすめしています。

まるごとフラットリボとはいったいどんなサービスなのでしょうか?リボ払いを研究しているオクムラが仕組みやデメリットをまとめたので参考にしてください。

オクムラについて

リボ払いの盲点やワナを日々研究している。リサーチしたクレカは100種類以上。

リボ払いで100万円の借金を作り地獄をみた経験を持つ。今ではすべて完済済み。

リボ払いで困る人を増やしたくないと思ってこれからもブログ運営を続けていきます。

≫詳しいプロフィールはこちら

※当ブログは「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」の協力で運営をしています。

そもそも「まるごとフラットリボ」の仕組みは?

まるごとフラットリボ」はPayPayカード独自名称なので、初めて聞いたときは「新たなサービスが始まった?」と思うかもしれませんね。そもそそも、まるごとフラットリボの仕組みなのでしょうか。

カード会社独自のリボ払いの名称については、【一覧】カード会社の独自のリボ払いの呼び方や別名|隠れリボかも?の記事があるので興味があればぜひ。

まるごとフラットリボとは?

まるごとフラットリボとは自動リボサービスのことです。PayPayカードを使って1回払いで買い物をしても、カード会社側でリボ払いに変更してくれます。

PayPayカードではほかにも「これだけスキップリボ」というサービスもあります。こちらは、あとから自分で支払い金額の一部をリボ払いに変更できるサービスです。

まるごとフラットリボの手数料

一括払いであれば手数料はかかりません。しかし、リボ払いにすると利用額に対して手数料が発生してしまいます。

PayPayカードではリボ払いの手数料は年率で18%かかります。だから、カードを使い過ぎてしまうと多くの手数料を払わなければなりません。

例えば、2021年7月に洋服やご飯代など合わせて15,000円カードで支払いをしたと想定します。

リボ払いで毎月5,000円の支払い設定しているとき、3回で支払いが終わりますが、手数料は合計で450円かかります。

450円くらいだったら大したことないと思いがちですが、カードの利用頻度次第では大きな額になるためあまく考えない方が良いです。

PayPayカードの手数料やリボ払いついてはPayPayカードは勝手にリボ払いになる?確認方法や手数料も解説でも詳しく解説しています。

オクムラ
オクムラ
リボ払いを使い過ぎると手数料の負担が大きいことも分かりますよ。

まるごとフラットリボの最低支払額や金額設定

まるごとフラットリボでは、毎月の支払い金額は利用残高が20万円以下の場合、3,000円から設定できます。つまり、最低の支払額は3,000円プラス手数料で済んでしまうのです。

ちなみに、支払い金額設定は、1,000円単位で変更可能です。支払いコースの変更はPayPayカード会員サイトからできます。

「リボ・キャッシング」⇒「リボお支払いコースの変更」へと進みます。最低支払い額のままにしておくと、PayPayカードを使い過ぎたとき手数料の負担も増えるし、返済期間も長くなるので気をつけましょう。

まるごとフラットリボのデメリットは?

PayPayカードでは「賢く使おう!便利なサービス」としてまるごとフラットリボを案内しています。

画像出典:PayPayカード会員サイト

案内は会員サイトのトップメニューにあるのですぐに分かります。ただ、デメリットがあるのか気になりますよね?

まるごとフラットリボは手数料は安くない

ショッピングリボ払いの手数料は実質年率15%が多いですが、まるごとフラットリボは実質年率18%あります。15%だって安くないのに、それ以上にあります。PayPayカードの利用額が小さければ大きな負担には感じません。

でも、まるごとフラットリボに登録し支払いが楽だからと、無計画に利用すると後から大変です。利用額が大きくなればなるほど手数料の負担は大きくなります。

まるごとフラットリボに登録しているときは毎月の利用額を考えながらPayPayカードを使うようにしましょう。

会員サイトでまるごとフラットリボに登録するときの案内が説明不足

PayPayカードの会員サイトを見てて思ったのですが、まるごとフラットリボに登録するとき、手数料は何パーセントあると具体的な数値で説明されていません。

「ご注意」という項目に

※リボ払いをご利用いただくと、リボ払いの手数料(包括信用購入あつせんの手数料)がかかります。初回ご請求より手数料が発生します。

出典:PayPayカード会員サイト

と案内があるだけです。次の確認画面でも出てきません。

会員サイトからまるごとフラットリボへ登録する流れでは、手数料率を確認せずに登録してしまいそうになります。

ちなみに、手数料の案内はPayPayカード公式サイトメニュー「ご利用について」のリボ払いところにありました。会員サイト内にはどこにも手数料の数値がなかったので、公式サイトまで戻りました。

オクムラ
オクムラ
会員サイトの注意書きに「手数料は実質年率18%」と説明があればいいのにと思いますが…

まるごとフラットリボキャンペーンで注意すべきこと【参考】

PayPayカードは2022年8月末まで、まるごとフラットリボに新規登録で5,000円相当のPayPayボーナスプレゼントを行っていました。条件はこんな感じでした。

  1. キャンペーンにエントリーする
  2. まるごとフラットリボに新規登録する
  3. 登録後翌月末までにPayPayカードを3回以上利用する

すでに終わっていますが、今後同様のキャンペーンが行われたとき、参考となるように説明を残しておきたいと思います。

まるごとフラットリボキャンペーンで注意すべきこと次の4つです。

  1. 支払い方法がすべてリボ払いになってしまう
  2. 手数料の計算は必須
  3. 特典付与までまるごとフラットを解除できない
  4. 特典をもらったあと、まるごとフラットリボを解除を忘れない

それぞれを解説していきます。

①支払い方法がすべてリボ払いになってしまう

まるごとフラットリボは、「一括払い」と言って買い物で利用しても自動的にリボ払いになる仕組みになっています。

いわゆる「自動リボ」というものです。自動リボは多くのカード会社が取り入れているため、珍しくはありません。

自動リボで気を付けたいのは、「カードを使い過ぎたな」と思った月でも、翌月の支払いが毎月変わらないことです。

一見便利なようですが、見えないところでリボ残高が増えていきます。気付いたときには何十万という額になっている場合もあります。

だから、自動リボ払いの仕組みをよく理解して、「まるごとフラットリボ」に登録する必要があります。

自動リボ払いの詳しい仕組みについては、楽天カードの自動リボ払いって何が怖いの?を読んでください。他社のカードですが基本的な仕組みは同じなので参考になりますよ。

楽天カードの自動リボ払いって何が怖いの?楽天カードの自動リボ払いは気づかぬうちに借金を作ってしまう可能性があります。しかし自動リボ払いの怖いところを知っていれば安心です。...

②手数料の計算は必須

すでに説明しましたが、PayPayカードでは手数料が実質年率18%かかります。PayPayボーナスをできるだけ多く受け取るためには、手数料の計算は必須です。

オクムラ
オクムラ
PayPayボーナス以上に手数料がかかってしまっては、キャンペーンを利用する意味がありませんね。

③特典付与までまるごとフラットリボを解除できない

条件を満たしてもPayPayボーナス5,000円分がもらえるまでに時間がかかります。特典が付与される時期は、まるごとフラットリボに登録してから3か月後の末ごろです。

例えば、2021年7月に登録をしたら、10月末が5,000円相当のPayPayボーナスをもらえるタイミングです。

最大で4ヶ月間は自動リボ払いを続けなければなりません。解除してしまえば特典を受け取る権利を失ってしまいます。

キャンペーンの特典を得る目的のためにまるごとフラットリボに登録したとしても、解除を忘れてしまうこともあります。

怖いのはまるごとフラットリボに登録したことしたことさえ忘れてしまって、長期間自動リボ払い設定になっていることです。

知らないまま勝手にリボ払いになっていた」というカードの口コミがあります。実はキャンペーンに登録するときに設定した可能性が高いです。

PayPayカードリボ払い勝手に
PayPayカードは勝手にリボ払いになる?確認方法や手数料も解説PayPayカードのリボ払いについて規約を確認してまとめています。実は、勝手にリボ払いになっていると思われる原因はありました。対策や注意点も含めて解説しています。...

まとめ

PayPayカードの積極的なキャンペーンもありまるごとフラットリボの存在を知った方も多いのではないでしょうか。2022年8月末で新規登録キャンペーンは終了してしまいましたが、今後も「まるごとフラットリボ」の案内は続いていくと思います。

もし、利用するときは手数料や支払金額をよく確認して、残高が増えすぎて困らないようにしてください。また、キャンペーン目的でまるごとフラットリボに登録した方は、特典をもらったあと解除するのことを忘れないでください。

オクムラ
オクムラ
また、新しいキャンペーンが始まったら、このブログで詳しく取り上げる予定です。

◎この記事が役立ったと思ったら、一緒に読んで欲しい記事3選

リボ払いの手数料カットで返済を楽にできた方法とは?
リボ払い救済制度の体験談

リボ払いの手数料が高くて残高が減らない!

今後返済を続けていける自信がない!

もし返済できなかったらどうなるのか心配!

リボ払いの返済が困難な理由の一つは、手数料(利息)が高いことです。しかし、高い手数料をゼロにしてしまえば、返済を楽にすることができます。

そんな方法があることを知っていますか?

↓体験談あり↓
リボ払いの返済額を法律の救済制度で減額した方法

【ご注意】 当記事では細心の注意を払って情報を提供しておりますが、一部誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当方ではそうした誤りなどについて一切責任を負いかねますので、十分ご理解ご承諾の上、ご自身の判断と責任でご利用下さい。